導電ペースト - 日本ベルビュー株式会社|ガラスインキの輸入販売、ピンズ・キーホルダー製造・制作

取扱品目

導電ペースト

導電ペースト

ほとんどすべての車のリアガラスの熱線は、ガラス表面に印刷されており、スクリーン印刷により伝導性銀ペーストを用いて印刷されています。強化後、ガラス面で伝導性銀ペーストを焼結します。抵抗があるため、帯電後、曇りはきれいに取れます。

熱線のパワーを決める因子は三つあります。
熱線パターン:印刷の質を上げるには幅を1mmよりも大きくすることが推奨されます。
銀ペーストの膜の厚さ:膜は厚く、パワーは少なくなります。
銀含有量は熱線の抵抗に直接影響します。

 モデル品目

SL-60

SL-70

SL-80

銀含有量

60%

70%

80%

抵抗Ω

7.0-8.0

5.0-6.0

4.0-5.0

  • 印刷用メッシュ:300~400メッシュ
  • 乾燥温度:100~150℃
  • 加熱温度:660~700℃
  • 印刷環境温度:20~25℃、印刷相対湿度:50~60%
  • 包装:プラスチックドラム1個あたり20kg
  • 供給状態:ペースト
  • 保管環境:5~10℃未満の湿気のない涼しいところで保管してください

前のページに戻る

 お問い合わせ

© 日本ベルビュー株式会社 All Rights Reserved.